日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。5歳男&3歳女の2人の母さんやってます。

良性発作性頭位めまい症になりました。

ある夜のこと。夫が帰ってくる前に妙にふわふわするな~きついな~と思い、帰りを待たずに早めに就寝。
夜中の12時すぎ、ふと目が覚めるとまだ気持ち悪い。
トイレに立つと世界がグラグラ揺れ出し、トイレで吐く。
なんだこれはと驚きながら、とりあえず夫を起こし「気持ち悪い。吐いた。」と報告。
吐いたため少し気分が良くなったのでなんとか再び就寝。

吐き気が強く身動き取れない!

朝6時。起きてみたらまだ世界がグラグラ。
少し体を動かすだけで気持ち悪い。ずっと船酔い状態。再び吐く。
横になって、子どものごはんやら全ての家事を夫にバトンタッチ。

とてもじゃないけど動けない。
トイレに行くだけでもフラフラなのに病院なんてとてもじゃないけど行けそうもない。
「救急車呼んで欲しい」
と強く思いましたが、夫が仕事を休んで連れて行ってくれました。

必死で病院に

車に乗るまでの移動も辛く、車に乗ったとたんまた嘔吐。
病院について、待合室のソファーに横になり車いすを用意される始末。
とてもじゃないけど自力で移動できない。
車いすでエレベーターに乗せられるも、またもや嘔吐。
ベッドに寝かしてもらう。また嘔吐。
さすがに吐くものがなくなったのと、寝て診察を待つだけの状態になり脱力。
点滴もしてもらいました。

頭のCTスキャンや血液検査をして異常なし。
下った診断は良性発作性頭位めまい症でした。

良性発作性頭位めまい症とは

特定の頭位をとるとめまいが発生する。めまい自体は数十秒で終わることが多い。
原因として、耳の中にある耳石が一部はがれて三半規管内に入り込んでしまうことにより発生する。
みたいです。

私の場合は1日入院しました。

というのも、食事がとれない状態だったからです。
子供の世話は完全にできないので、思い切って入院。
夫に全てを任せました。
とにかく1晩点滴を受けベッドで眠りました。
翌日もふらつきがまだまだ残るけど、昨日よりは少しマシで吐くことはなくなりました。
また、頭を動かすとぐるぐるする方向もなんとなく把握。
食事もなんとか摂れそうだったので帰宅。

帰宅後日常生活にはまだ戻れず

まだまだ体を動かすとぐるぐる目がまわりました。
2,3日はほとんど布団の中でした。
ただ、剥がれた耳石を取り除くには「体を積極的に動かす」のが治療法なのがこの病気。
(耳石を三半規管から出すエプリー法もあります。ネットに出ていたので何回も試したのですが私には効果がなかったです。)
体を動かすのが治療法って…横になっていたい状態なのに本当に辛い!

4日以降は気合入れて家事をしてみたり、ジャンプしてみたり…。

日常生活で1番きつかったのはお風呂でした。
頭や体を洗う時頭を傾けるのがキツイ。吐きました。
浴槽の水面の揺れ具合も。
2番目は洗濯物干し。
洗濯物を干す動作は、上向いたり下向いたりと忙しいんですね。
普段意識してなかったけど。
フラフラになりながらやってました。

結局完治まで10日かかりました。

日に日にふらつきが治まっていくのが分かりました。
耳石を散らすために体を動かしていったのが良かったと思います。
いや~辛かった…。
外見からはどこも悪そうじゃないし、本人しか分からないのも嫌でした。

良性発作性頭位めまい症の原因は様々。
・寝相が良すぎる。
・運動不足。
・カルシウム不足。
・ストレス

などなど…思い当たるふしがたくさん。
生活習慣を改めていこうと思いました。

3,4日間は夫に家事・育児を丸投げ。本当に感謝。
母親が寝込むと家庭って大変だなと実感した10日でした。