日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【暮らし】敬老の日の準備、2世代あることを忘れてました。

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

9月に入った頃に、敬老の日の準備を終えました。
自分の兄妹皆で、毎年花を贈っています。

花キューピット、毎年利用しています。評判良いです。

敬老の日、何か準備した?

ふとママ友とそんな話になり、自信満々に「したよ~。」と話しました。
でも話していくと何か噛み合わない。
よくよく聞いてみると、自分の子供のじぃじ・ばぁばの話している!
そうでした、子どもにもじぃじ・ばぁばがいるんです。
自分の親は、敬老の日の対象者であることがすっかり抜けていました。

まだ幼稚園生なので、親の方が手配してあげなければいけなかった。

昨年の敬老の日

幼稚園側が制作の時間でじぃじ・ばぁばに絵葉書を作って送るだけで良かったんです。
今考えればありがたかった。
今年は幼稚園が変わったのでそんなサービス(?)がなく。

今年は慌てて

はがきに絵を描かせて制作。そしてダッシュでポストに投函。
間に合うかな?
もう少し手をかけて送りたかったっていうのが本音。

でもとっといてよかったと思ったのが「書き終わったお絵かき」です。
f:id:imokosandesu:20180916055116j:plain
2歳11か月、人の顔が描けるようになりました。すごい(親バカ)
少しホラーチックではあるが…

はがきでは気分が乗らなかった子どもの方には、
「書き終わったお絵かき」の良さそうなところを
切り抜いてはがきに貼り付けました。活用できて良かった~。


すっかり忘れていた子どもからみた敬老の日
皆さん手配、されているんでしょうか。とても気になります。