日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&3歳女の2人の母さんやってます。

【読書】ぼくたちは習慣で、できている。を読みました。

常々思っていたこと「継続が1番難しい」

やってみることは簡単だけど、継続していくことが一番難しいよな~と。
ダイエットにしてもそう、仕事、勉強、家計管理…1発逆転では意味がない。
何につけても続けること・習慣にすることが大事だと思っています。
思ってはいるんですけどね、習慣になる前に飽きちゃう。
続けてみよう→飽きてきた・キツイ→続けられない自分→罪悪感→自己肯定感が低くなる。この負のスパイラル状態。
ブログを始めて半年は良かったものの、1度パソコンに触るのをやめてしまうとブログ更新から遠ざかっていくのをひしひしと感じています。

そんな三日坊主の私のためにあるような本

ミニマリストで、「ぼくたちにもうモノは、必要ない」の著者佐々木典士さん。その佐々木さんの新刊「ぼくたちは習慣で、できている」をやっと読めました。

3日坊主の私がグッときたところ

やりはじめないと、やる気はでません。脳の側坐核が活動するとやる気が出るのですが、側坐核は、何かをやりはじめないと活動しないので p148より引用

料理するにしても思い当たるふしがあります。面倒だな~って時でも1度台所に立って作業始めると、ちゃんと料理が作れて尚且つ次の日の下準備までできてしまうミラクルが起きることが多々あります。

そして大事なのは、自分で決めた習慣を守って、後悔をするということがないこと。 P148より引用

そう、例えば決めた運動習慣を1日やらないでいると後悔+罪悪感でいっぱい。でも、サクッと運動できたことに関して「後悔」とは無関係。できたことで精神衛生的にもいい。

時間を「天引き」する
村上春樹さんは 1日のうち、1時間は走るか、泳ぐかをする。だから1日には23時間しかないと考えているそうだ。運動は必須とした上で、他のものに振り分ける。1日を24時間から「天引き」しているわけだ。
P223より引用

貯金テクで良く聞く「最初からないものとしておく」。
まさか時間にも当てはまるとは。
時間天引きで1日を考えると、スマホやテレビをなんとなく見てしまうことも減らせそうな気がします。
私が天引きしておきたい時間はブログの時間・筋トレの時間かな。

やるほど高まる自己効力感
ひとつの習慣を達成できれば、他の習慣も身につけたくなる。ある習慣を達成したことによって、自己効力感が増しているからなおさら次の習慣が身につけやすくなる。
P258より引用

続けられないことで罪悪感や自己否定感が高まるのはよく実感している。だけど習慣が身に付くと、簡単に言うと「自分のことが好きになれる。」
そしてまた別の良い習慣を身に付けることができやすい。自分にはできるという過去の実績があるから。
専業主婦という立場上、中々自己肯定感ってめばえにくいような気がするので、何か自信につながる習慣が身に付くといいなと思った。

現在身に付けたい習慣のために取り入れたこと

本内で紹介されたアプリも早速使っています。
習慣にしたいことが1日できたらチェックマークが付けられる非常にシンプルなアプリ。
無料版だと3つの習慣の記録ができます。
たった3つ?と最初は物足りなかったのですが、よくよく考えると3つくらいが丁度よいです。
もちろん悪い習慣を断ち切りたい場合にも使えます。
play.google.com


こちらは類似アプリ。無料版で5つの項目に関して記録ができるそう。
3つでは物足りない方はこっちかな。
play.google.com



ちなみに習慣アプリで私が習慣にしたいこと3つは…

・ブログを書く。
はてなブログのページを開くことが最低限のハードル)
・バランスボールに乗る。
・ヒップアップトレーニングをする。

チェックマークを付け終えた時の小さな達成感は快感です。

でも、苦手意識があるのでハードルを思い切り下げました。
ブログを書くに関しては、毎日更新はまだハードルが高い。
体動かす系も回数はあえて設定せず、1回でもできたらOKとしました。
毎日できたら半年後にはダルンとしたお尻がキュッと上がったお尻に…。

3日坊主がコンプレックスな所があったので良い習慣を身に付けて自己肯定感を高めたいです。