日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【暮らし】離島に引っ越して半年が過ぎて良いと思ったところ6つ

離島(鹿児島県の奄美大島)に引っ越して半年が過ぎた。
たった半年だけだが、
奄美から引っ越す時、強烈に寂しい気持ちに襲われる」
ことを今から確信している。

海が綺麗すぎる

言わずもがなな魅力。素人丸出しの写真でスミマセン。
f:id:imokosandesu:20180907124130j:plain
↑土盛海岸↑

f:id:imokosandesu:20180907124116j:plain
↑大浜海浜公園↑
実物はもっともっと綺麗!!
シュノーケルやSUPなどマリンレジャーにはもってこいの環境です。

7,8月の旅行シーズンでもそこまで混まない

こんなに綺麗なビーチがたくさんあるのに、人はそこまで多くない。
綺麗なビーチがたくさんあるから観光客も分散するのかなと予想。
時間帯や場所によっては、かなりプライベートビーチ感を味わえることも!!!

格安航空も飛んでいる

バニラエアや最近ではスカイマークもあり、かなりお安く移動できるようになりもっと身近に。

南国らしい食べ物たちとの出会い

島バナナ
道路脇や民家に植えられたヤシや植物などでも感じることができる南国ムード。
中でも食べ物はもっとも南国を感じらる。
f:id:imokosandesu:20180907125634j:plain
島バナナ
夏の時期を迎えると八百屋さんなどの軒先にたくさんの島バナナがぶら下がる。
台風などの影響もありたくさん作ることができないので、島での流通がメイン。
黄色くなるまで待つ時間がオツである。
部屋にぶら下げている時間は南国ムードなアクセントとなって私は好きだった。
f:id:imokosandesu:20180907130148j:plain
約1週間で黄色のバナナに。子どもが小猿のようにすぐ食べてしまった。
普段食べているバナナと比べると爽やかな味。でもしっかり甘みがある。
ミニサイズなので食べきりやすいのも嬉しい。
他にも時期によってはたんかん・すもも・グァバなどいろいろな果物が味わえる。

ミキ
f:id:imokosandesu:20180705052820j:plain
以前もブログで書いたミキ。
米と芋と砂糖の発酵食品で甘酒のようなイメージを持っていただくと分かりやすい。
地元のおじいちゃんが夏の日中「ミキ」を飲んで休んでいるのをベンチで見かけた。
夏バテ防止に役立つ飲み物。
www.imokotohon.com

本島の夏より涼しい

奄美大島と言えば常夏!!のイメージだったが、夏九州に帰って思った。
奄美の方が涼しい…」
気温を見てみると31度、32度、暑くても34度だったり。
本州の35度~38度なんてことはない。
暑いけれど、意外と外遊びもできるくらいの暑さだった。

人と人との距離が近い

奄美大島の地元の人たちは「外からの者を受け入れてくれる」人が多いそう。
初めて参加した地元のお祭りなんかでも良く感じられた。
(祭りでビールの早飲み競争なんかもあって驚いた。
しかも参加費無料・どなたでもOKだったのでもちろん参加。
あんなに楽しい夏祭りは初めてだった。)

奄美に来て人見知りの私でも友達が出来て家飲みするまでに。
以前の私だったらあり得ないこの状況。奄美のおかげだと思ってる。