日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&3歳女の2人の母さんやってます。

【読書】1月に読んだ本、10冊紹介させてください。

自分の本棚を他の人に見られることって結構恥ずかしい。
特に自己啓発本系。
f:id:imokosandesu:20180125052329j:plain
仕事のできる人になる方法とか…このタイトルって自分の興味のあることであるし、脳内が公開されているような気がするから、あまり人に見られたくない。というわけで自分はクローゼット内に本を収納している。夫にも見られたくないタイトルのモノはカバーをかけて保管。
自意識過剰なのはわかってる!!

…でも本当は自分の読んだ本について人と話したいし、他の人の読んでいる本も知りたい。矛盾している。(この欲望を満たすためにブログを始めたと言ってもいいかも)
というわけで今月読んだ本を紹介します。

1冊目 ななつの子・加納朋子

ぽわろんさんのブログにて教えて頂いた今年1冊目の本です。ミステリー系ですが、人が殺されたりなどといったことは皆無。雰囲気がとても綺麗で瑞々しく、爽やかに日常の謎を解いていきます。
過去の感想はこちら
www.imokotohon.com

2冊目 ルビンの壺が割れた・宿野かおる

時短小説。さらっと読めるのに、1度読むともう1度読まずにはいられない裏切り小説。してやられた感がいまだに忘れられない。
過去の感想はこちら
www.imokotohon.com

3冊目 皿洗い、するのどっち?・山内マリコ

同棲・結婚を経て家事の負担について考えた女性目線の文句たらたらエッセイ。非常に共感してました(笑)女性だけの目線ではなく、山内さんの旦那さんからの別話もあって両方の言い分がわかるのが面白い。男も女も色々あるね。

4冊目 恋の法廷式・北野トロ

法廷で実際にあったお話集。ノンフィクションなのにうそでしょ?ということがたくさんでした。法廷の読み物、俄然興味が湧きました。
詳しい感想はこちら
www.imokotohon.com

5冊目 チルドレン・伊坂幸太郎

続編のサブマリンを読んだので読み返したくて。陣内のキャラクター、やっぱりいいなぁ。

6冊目 6番目の小夜子・恩田陸

恩田陸のデビュー作。NHKで昔ドラマになっていた記憶があります。高校の中で伝統的な奇妙なゲームが繰り広げられます。その不思議な雰囲気に飲み込まれるサマから目が離せませんでした。独特。
www.imokotohon.com

7冊目 オリエント急行の殺人・アガサクリスティ 8冊目 メソポタミアの殺人・アガサクリスティ

様々な人間が出てきて頭を使います(汗)そして気づいたのは、全く犯人の予想が当たらないということ!そして、トリックやアリバイなど、考える力がゼロで、そっちよりもなぜ殺人を犯したのか、動機の方が気になる。ということで最後まで読んでしまいます…。

9冊目 白夜行・東野圭吾

2回読んでもやはり面白かった。また読みます。
感想はこちらwww.imokotohon.com

10冊目 舟を編む・三浦をしん

辞書を作る話。辞書って奥深くて大変な作業の元、完成しているんだなと感慨深かったです。大人の世界では珍しく(?)爽やかな部活を思わせるような感じ。清涼感。

最後に

1月は10冊でした。まずまずの滑り出しです。家事・育児系の本が読めていないので2月は読みたい。皆様もオススメの本がありましたらぜひ教えて下さい!