日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。5歳男&3歳女の2人の母さんやってます。

【読書】家じかんを楽しむ65のヒントを読みました。

最近ふと思ったのですが、暮らしという単語が好きです。
辞書で改めて調べてみると

1 暮らすこと。一日一日を過ごしていくこと。
2 日々の生活。生計。

という意味だそうで。
毎日のことか。1日1日を大事にしていきたいなぁと改めて思ったのでした。

「暮らし」がブログタイトルに入っている方が私と同じでいらっしゃいますが、どうしても好きになってしまいます…。

家じかんを楽しむ65のヒント 伊勢野敦子

家じかんを楽しむ65のヒント

家じかんを楽しむ65のヒント

あたい、こんな暮らしがしたいわ!とテンションが密かに上がった本でした。
・おもてなしの方法
・料理やお菓子のこと
・掃除や収納こと

家での暮らしの一コマ一コマが大事にされているのが伝わってくる本。なんだかすごく人を招いてお茶したくなっちゃいました。紹介されているものがいちいち可愛い。
家での暮らしが楽しくなるエッセンスがたくさん。

お酒を楽しめるようになると、料理の幅も広がります。簡単で美味しい料理ができるように努力するようになりましたし、部屋のインテリアも、照明器具に調光キーをつけて、照明をほの暗く、ムーディに演出するようになりました。そして、重要なのが、空間に漂う音楽です。そのときの気分でCDをチョイスしますが、これがまた楽しい。 P187

…いいね!!!
この本を読みつつお茶を飲みましたが、それだけでも癒された気がいたします。
憧れる対象がまた一つ増えました。

最近読んだ素敵なブログ記事

hmoca.hatenadiary.com
この記事を読んで激しく同意しました。自分のことを後回しにしがちな時に1杯でいいからゆっくりお茶を飲んでみる。
ちゃんとご飯を盛り付けるとか、些細な事でいいから自分のためにやる。
結果、自分を労わってあげることが周りの人に優しく接する余裕になると。

これぞ、暮らしの知恵。
読んでいて優しい気持ちになれました。