日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【読書】今月の1冊「ずっとやりたかったことを、やりなさい」

f:id:imokosandesu:20171101062756j:plain
今年は図書館ばかりでなく、月に1冊は自分の本を購入することにしています。

今月の1冊はこちら!

夢をかなえるゾウ2の参考文献として最後の方で紹介されており、気になっていました。図書館で試し読みしましたが、手元にないとこれは理解できない!と思い立ち購入に至りました。自己啓発本でマーカーを使いたくなったのは初めてかもしれません…。ガネーシャと貧乏神というサブタイトルまでついている通り、「お金」に関するお話が書かれております。クスッとくる展開なのにしっかり「お金」の本質を学べる本です。

ずっとやりたかったことを、やりなさい

自分が子どもの頃好きだったこと・もの・やってみたいことなど、大人になると日々の生活で忘れがち。でも自分の中には「子ども」がいて、その子を楽しませないと創造性が生まれない。自分の中の「子ども」を見つけ育てていき、その結果子どもの頃にはあった「創造性」を身に付けていこうという本。
創造性を身に付けることで、自分のやりたかったことに気付けるキッカケや、日々の生活に変化をもたらしてくれそうなワクワクする本だと感じました。

基本ツール

週ごとにワークが決まっています。1冊で12週分のワークが具体的に書かれております。この本のワークのためにノートと筆記具が必須。

・モーニングページ…朝一番にただ手を動かし、心に浮かんでくるものをそのままノートに書きとめる。どんな事柄でもOK。汚くてもOK。本の中では3ページ書くことを推奨。

・アーティストデート…自分の創造的な心を育むために、週2時間ほどの時間を確保すること。難しいことではなく、子どもの頃好きだった「絵をかいてみる」や、「好きだったお菓子を買ってみる」など自分自身がワクワクすることをやっていくだけ。

自己啓発本にありがちな読んだだけでは意味がない

ただ読むということができないこの1冊。ワーク内容が充実しているので「読み切る」ことができず、手元に持っていたくなりました。
週ごとワークが設定されているのが「何をやればいいか分からない」人にはうってつけ。(私のような)
ただ内容が濃く、正直クソ面倒臭いと思います。でもやってみるとモーニングページなんかは特に、「気持ちいい」感覚の方が大きい。
(自分の思うままに書くってストレス解消に本当になるんだなと感じています。)
何度も言うよ、クソ面倒くさい。でもこの1冊のワークをやり終えることのできる人っていうのは何でもできるようになっている気がします。
この1冊、やりきったよ!という方いたらどうだったか教えて欲しいです^^

関連本

和訳されているのですが少し難しい…。そう感じる人に読んで欲しいのがこちら。

内容は違うのですが、言いたいことが同じような感じがします。短めの小説で、ストンと腑に落ちる内容。読みやすくオススメです。