日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【暮らし】母親の一人時間のために必要なのは罪悪感を持たないことと、もう1つ。

急に夫から子どもを見ておくから外出してきていいよと言われることがある。なんと言っても急なので、晩御飯の段取りもあるし、今までだったら「また今度でいいわ~」と言っていた。

でもこの1人時間タイム、本当は大好きな大切な時間。
先日また急な「子ども見ておくから外出してきていいよ~」の一声がかかった。
「え、いいの?!ありがとう!」と言って即出てくることができた。
瞬発力がついたなぁと思った瞬間。
貴重な一人時間のために必要なのは罪悪感を持たないことと、瞬発力かもしれない。

時間的に1,2時間の1人時間だったけど、その時間だけでもリフレッシュできるから不思議。ありがとう夫よ!

夫の意見

夫側からの意見を聞きだしました。
自分も趣味で外出したい日があるので、妻が一人時間をとるのは大歓迎だそうです。
私が時間をとれば持ちつ持たれつの関係で、お互い趣味に時間が取れるからだそうです。
そうそう。1人時間を過ごせるようになってから夫の趣味で休日外出も寛容的になってきたような気がします。
(授乳中の赤ちゃんがいるときはこの夫の趣味外出にイライラしていました。おめーはいいよな!ってな感じで

最後に

一人時間から帰ってきたら必ず夫に「ありがとう」を言うようにしています。
(このありがとう、面倒だけど私もありがとうって言われたいし。当然でしょみたいな態度で来られると腹が立つものです。笑)
我が家の場合は夫婦それぞれ自由な時間を分け合う方針になってきました。
産後2年がたってようやく…!早く気づけばよかった。1人時間に罪悪感を持たないことと即行動できる瞬発力。この2つ母のストレス値にかなり関係してきそうです。大事。