日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【読書】イニシエーション・ラブ 乾くるみを読みました。

もう数年前のしゃべくり007で有田さんがオススメていた小説、イニシエーション・ラブ。今回はこの1冊を紹介します。


イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)


最近ふと思い出し、読み終えることができました。

ラストでひっくり返されると聞いていたけど…

読む前から「この本は最後に驚かされる」と予備知識が無駄に入っていました。この「驚き」って何なのか、気になりつつ、読み進めても普通の恋愛小説。
目次を深読みしたりしましたが、やはり普通の恋愛小説。途中詳細な濡れ場もあったりして興奮しつつ(笑)読み進めました。

結局ラスト2行目でやられる

ネタバレになるので、ほとんど話せないのですが。感想としては「やられた・・・!!!悔しい!!!」というのが第一。
最後まで読んだ後、最初から見返すこと必須の状態になります。すごい。
「ラストに驚く」という予備知識が入っていたのにも関わらず、驚きを感じまくりです。

前もって、今から驚かすからねと宣言されていた状態と言っても過言ではなかったのに。
悔しかったですね。読後は誰かと猛烈にこの本の内容を語り合いたくなりました。



「夫に読んでみる?結構な濡れ場があるから読みやすいよ」(どんなススメ方w)とオススメしたのですが断られてしまいました。
というわけで1人興奮しながらブログ書いています。少し発散できて良かったです。

こんな方にオススメ

・恋愛小説が好き

・読書に新鮮さや驚きが欲しい

・濡れ場でドキドキしたい(笑)

いや~裏切られた感がすごい本でした。悔しい!映画化もされているけど、映像化するとどうなるんだろう?と不思議でもあります。
映画もちょっと見てみたいな。以上です!

素敵なクリスマスをお過ごしください^^