日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【暮らし】日々ご機嫌でいられる方法を考えてみた。

年末で忙しい!こう忙しいと、心の方がギスギスしがち。どうせなら、機嫌よく生活したいものです。
機嫌よく生活するためのちょっとした方法や状態を考えてみました。

まず大前提、体調を整える

風邪などのちょっとした病気でも、ご機嫌の状態から一気に遠くなります。体調は、心に直結しているからです。今、私はのどが痛く、気になってしょうがない!ご機嫌の状態には程遠いのが本当のところです。
風邪などひいてしまったら、「休んでね」という体からのサインだと思ってゆっくり休みましょう。

頑張ったご褒美を用意しておく

この仕事・家事が終わったら好きな食べ物でお茶しよう!など。馬の目の前にニンジン…の要領で、自分でご褒美を用意。

自分を褒める

私が良くやるのは、言うことを聞かないやんちゃな子どもたちに声を荒げず、対処できた時です。本当は怒鳴りたい。だけど我慢して、やって欲しい作業に誘導できた時はは心の底から「私、えらい!!!」と褒めています。(育児って誰にも褒められないからね)

部屋を片付ける・掃除をする。

これはかなり有効。部屋が散らかっているだけで地味にストレスが溜まります。片付いていると、スッキリした空間でストレスフリー。
まぁ、子どもがいるとスッキリ空間である時間は短いのですが。
イライラしそうだなと思ったら、どこか1か所掃除してみる。不思議とイライラが治まります。

ちょこっと運動する

嫌な事があった日、思い切って全速力で走って見て下さい。ゼーゼーハーハ―している間、嫌な事を考える余裕がありません。(笑)
疲れるけど、少しスッキリします。(翌日筋肉痛ですが)

自分と違う世界のモノを見る・俯瞰で見る

映画・バラエティ・本なんでもいいと思います。自分の置かれている状態のものと真逆の世界に入りこめると良い気分転換になります。
また、自分のことを上から自分で見ているような俯瞰の状態で見ると「大したことない」「大丈夫」と思える時があります。

お風呂にお気に入りの入浴剤を入れる。

好きな香りに包まれて気持ちの良い温度のお風呂に入れたら、その間は極楽気分。お湯に浸かっている間は嫌な事も考えにくいのです。
ということは、自分の気持ちの良い状態を強制的に作れたらもうご機嫌はあなたの手の中!

究極はコレ。早く眠る。

もう何もしたくない!と思ったらこれに限ります!1晩寝れば嫌な事も大概嫌度が薄れます。
夫の発言でイライラして腹の虫がおさまりそうにない時など、効果てきめん!(笑)「あ、大したことなかったな」と思えるから不思議です。

最後に

まだまだ忙しい時期が続くので、どうにかご機嫌でいられるように書いてみました。
家族の1人でも「不機嫌顔」の人がいたら不思議と伝染してしまうもの。なるべくご機嫌の状態でいたいですよね。
あなたが機嫌が良くなる時はどんな時でしょうか?