日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

【読書】2017年100冊読書達成のために心がけたこと7つ

こんにちは。いもこです。趣味の読書は年間100冊を目標にしております。そろそろ1年も終わりに近づいているので改めて冊数確認しました。
f:id:imokosandesu:20171101062756j:plain

結果140冊

目標の100冊は到達できました。2年連続の快挙です。以前も一応100冊を目標にしていましたが、達成できたことがありませんでした;
思い返せば達成できた時は習慣が違うのだと気づきました。
今回は年間100冊達成するために心がけていたことについて書いていきます。

年間100冊読書・心がけていたこと①

移動中や待ち時間、子どものお昼寝時間などスキマ時間を利用しまくる。
たかがスキマ時間、されどスキマ時間。3分でも本は読めます。3分が1日3回あれば9分。これが30日分あれば270分。4.5時間です。結構な時間ですよね。しかもスキマ時間と読書の相性は抜群です。開けばすぐ本の世界に行けるし、閉じれば帰ってこられるこの手軽さ。最高です。

年間100冊読書・心がけていたこと②

好みの小説・作家を見つける
自分の好みの小説だと、先が気になって読まずにはいられない状態になります。読書のランナーズ・ハイ状態(?)と私は勝手に呼んでいます。こうなると、「読まなくちゃいけない!」から「読みたい読みたい読みたい!」と自らページを開きたくなる状態になります。そうきたらしめたもの。
1度面白い!と思った作家さんの別の本を読んでみると当たりやすいです。

年間100冊読書・心がけていたこと③

朝早起きする
スキマ時間もいいけど、まとまった時間で読みたい人は思い切って朝早起きするのも手です。いもこも早起きして子どもに邪魔されることなく読書タイムを楽しんでいます。早起きはハードルが少し高いので「読みたい読みたい読みたい」状態の本がある時やっていくのがオススメ。

年間100冊読書・心がけていたこと④

人のオススメに乗っかる
なにから手をつけていいか分からない…という方や、新しいジャンルの本も読んでみたい!という方にオススメ。

12歳からの読書案内

12歳からの読書案内

ずばり、読書案内の本などを参考にすること。またアメトーークの読書芸人の回なんかもオススメです。自分で選ぶとどうしても偏りがちですが、人のオススメに乗っかってみると新しい視野が広がります。ブログでオススメされている本もすごく嬉しい情報です。(皆さん書いてね!)

年間100冊読書・心がけていたこと⑤

記録する
今はスマホアプリでも記録できる時代。本の裏表紙のバーコードをカメラで撮るだけで記録できるようになりました。
play.google.com
ただ、バックアップをとっていなかったのでスマホが壊れた時泣いた過去があります。なのでスマホと手帳の手書きと2段階で記録しています。
今自分がどれくらい読んだのか、何を読んだのか把握できて便利です。モチベーションもあがります。

年間100冊読書・心がけていたこと⑥

アウトプットしてみる。
今年はブログを始めたのでこの項目も外せません。人に伝えることで、自分の記憶も強化されます。
また、読書は本来一人でするもので、映画の後のように感想を言い合うことができないもどかしさがあります。だけど、ブログに書くという行為で少しこのモヤモヤが晴れる気がするんですよね。
そしてこの情報でまた誰かが「面白い本に出会えた!」ってなったら嬉しいです。

年間100冊読書・心がけていたこと⑦

読む気分が盛り上がらない時は読まない
気分が乗らない時もあります。そんな時は思い切って読まない。無理に読んでいると「もういや!」となり、本に手をつけないことが増え目標を達成できていませんでした。
あえてやらないことでムクムクと読みたい意欲が回復してきます。

最後に

2017年ももう少し!140冊の中から今年のベスト5冊くらいを選んでいこうかなと思っております。この考える作業も何気に楽しい。
あなたの今年のベスト本は何でしょうか!