日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。4歳男&2歳女の2人の母さんやってます。

手っ取り早く幸せを感じる方法を見つけました。

仕事のことばかり考えて疲れ気味の方、家事育児でへとへとな方、その両方で忙しい方全てにオススメしたいスポット。
それは温泉

今更何言ってんだと思うかもしれないけど、私はあえて言いたい。
温泉すごい良いよ。
温泉っていうかスーパー銭湯だったけど、ほんとイイネ!
f:id:imokosandesu:20171022054300j:plain

久しぶりに銭湯に行きました。

下の子のオムツも外れたので、行きたかったスーパー銭湯に家族でチャレンジしてきました。
上の子(4歳)は夫と男湯、下の子(2歳)は私と女湯でそれぞれ1人づつを担当。
制限時間は1時間と設定。

夫婦間で不公平感がないこのチーム分けは結構大事ですね。
リラックスする空間なので、不公平感はNG!家族で行くときは気をつけたいポイントです。

温泉施設から学ぶリラックス空間

リラックスする空間なので片付いているのは常識。違う点はスーパーや職場、家と違うのは明かりの色が違うということ。
オレンジっぽい明かりで空間が演出されているなと思いました。やはり照明の色って大事みたいです。

家でもぜひ取り入れたい。
www.imokotohon.com

いざ入浴!

体・頭を洗って入浴すること、走り回らないなど公共施設でのマナーを身に付ける場にもなるなと感じました。
小さな子どもがいると、微笑んでくれる方が多くてほっこりした気持ちにも。

子どもが嫌がるかもしれないな~と最初びくびくしていましたが、杞憂だったようです。
広いお風呂に露天風呂、とても楽しそうでした。その笑顔を見ながら大きいお風呂に浸かる…幸せ~

入浴中に思ったこと

お風呂で温まっていると、不思議と嫌なこと考えないということに気づいたのです。
そういえばそうだね。家でもそうだった気がする。お風呂の時間って結構重要かもしれない。
お風呂が綺麗だとリラックス効果も高まりそうっていうことでカビの生えない綺麗なお風呂を目指していきたいです。

最後に

今回の銭湯は仕事でストレス溜めがちな夫にも効果があったようで、また家族で行こうという話になりました。
なんだ気持ちが晴れないわ~って時にオススメしたいです。
また家でのお風呂タイムももっと充実させたいなと思いました。(入浴剤や、綺麗なお風呂空間)

www.imokotohon.com