日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。3歳男&1歳女の2人の母さんやってます。

【絵本】心が荒んでいる大人に読んで欲しい絵本5選

すさんでいるは漢字で書くと「荒んでいる」になるんですね。
勉強になりました。

今朝も、子どもが朝からテンションMAXやりたい放題、泣きまくりで家事が進まず
文字通り「心が荒んでいる」状態でした。とほほ。
普通に家事がしたいだけなのよぉおおおおと叫びたいです朝は。

そんな汚れて、疲れ切った心の大人に読んで欲しい絵本をご紹介します。

にじいろのさかな

にじいろのさかな (世界の絵本)

にじいろのさかな (世界の絵本)

キラキラ光る綺麗なうろこをもつお魚にじいろのお話。
絵本のウロコはキラキラする紙を貼り付けているみたいで特別感あり。
人に分け与える奉仕の心を学べる絵本。
大人の私の方が日々の行いを反省するきっかけになりました…。

おはよう

おはよう

おはよう

おしゃれ雑貨屋さんで見つけた絵本。「おはよう」の気持ちいい一言が伝染して世界中がハッピーになるお話。
自分の一言が他の人に与える影響って大きいのかもしれない。
なんならみんなでいい気分になれたらいなと思いました。
言霊の大切さを再認識できます。
読み終わった後が爽やか~な気分になれますよ。

つみきのいえ

つみきのいえ

つみきのいえ

アカデミー賞短編アニメ賞を受賞したアニメの絵本版。
独特の絵のタッチが荒んだ心を癒します。
家族の日々の歴史を振り返りたくなる温かい絵本です。

おむかえ

おむかえ

おむかえ

夏休み明けでまだまだ幼稚園に行きたくない…と駄々をこねるお子さんがいる人にはもってこいの絵本。
子どもの気持ちが少し分かるかもしれません。
子どもにとってお母さんって特別な存在なんだなと思います。
読んだ後は子どもをぎゅっと抱きしめたくなる絵本です。

ちょっとだけ

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

はいはいこれ王道です。王道だけど、紹介せずにはいられない。
正直、泣けます。何度読んでも最後はうるっときちゃう。
2人目、3人目の育児中のご両親にオススメ。
下の子が生まれると、上の子は我慢することがどうしても多くなっちゃいますよね。
そんな時に、この絵本を読んであげて下さい。
赤ちゃん返りする子も多くて腹が立つこともありますが、読んでいるときは本当に優しい気持ちになれる絵本です。

最後に

心が荒んで汚れちまった心の状態の方々。
ぜひとも素敵な絵本たちで心を綺麗に洗濯してみてはいかがでしょうか。
もちろんお子さんの読み聞かせにもぴったりな絵本ですよ♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村