日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。3歳男&1歳女の2人の母さんやってます。

2017年この夏を振り返ってみました。

8月31日。
長いと思っていた幼稚園の夏休みも今日まで。
夏休みが始まった当初は長くてどうすればいいか途方に暮れていました。
必死で遊び方を考える様子↓
imokotohon.hatenablog.com
終わりに近づくにつれ、寂しい気持ちになるのは何故。
こちらのブログを読んで「ハッ」とさせられました。
kaorik.hatenablog.com
3歳の息子とたっぷり過ごせるのもこの夏休みが最後なんですね。
最近森山直太朗の「夏の終わり」を聞いてしんみりしています。

夏の終わり

夏の終わり

歌い方&顔マネ必須で歌っております。
ちなみにポイントはくしゃみをする寸前の顔です。
やはり少し寂しい。

かと言ってもう1か月夏休みしていよと言われると困るけどね

今年の夏大活躍した食品1

夏休みと言えば昼食作るという苦行が伴うわけですが、今年の夏取り入れてよかったものがあります。
ずばりお好み焼き粉!

今まで小麦粉で自分でブレンドして作ってて、
計量するハードルがあってあんまり作っていませんでした。
お好み焼き粉を使うようになってから、計量の手間も省けてしかも美味しい。
その上、大量のキャベツを入れても子供がパクパク食べてくれます。
夏休み終わっても我が家ではお好み焼き粉常備決定です!

お好み焼きの凄いところは
残り物を混ぜても美味しい
懐の大きいことよ…

子どもが朝残した納豆や、残りの野菜炒めなんかも
生地にぶち込んでいます。(言い方…)

これが意外とイケる。
冷蔵庫もスッキリ、子どもも野菜を摂れる。母さん楽でニッコリ。
ありがとうお好み焼きくん!

今年の夏大活躍した食品2

ミツカン 味ぽん 600ml

ミツカン 味ぽん 600ml

ポン酢!
え、今さら?感が否めませんが、私には衝撃でした。
ポン酢と言えば、鍋物のつけだれに使うもの…というイメージがありました。雑誌サンキュ!でポン酢を炒め物に使うレシピが載っていたのでやってみました。
これが、本当にさっぱり美味しい!
ポン酢1つだけで味付けが決まります。

テキトーレシピ・豚バラさっぱり炒め
豚バラ200g
たまねぎ1個
ニンジン半分
この3種を炒めて、ポン酢をかけるだけ。
野菜はなんでもOKだし、量もテキトーです。
豚バラの脂っぽさがポン酢でさっぱり頂けます。

ありがとうポン酢!
これからも頼りにしています。

計量が面倒なんだ

お好み焼き粉・ポン酢、どちらも小麦粉や醤油+柑橘類+だしなどで代用できます。
私の場合、この計量する過程が面倒なんだと分かりました。
使い切れない調味料が増えるのはNGですが、使い切れる調味料がならば増えてもOK。
計量する手間を省くことで、キッチンに立つストレスが少し減りました。

余談

昨日から娘が嘔吐でダウン状態。
マーライオンが家にいるって大変ですね。
本当にキツそうでした。
吐物がもっとフローラルな香りだったらいいのに…と無駄な空想をしつつ処理しています。
冬のノロウイルスに家族で罹った時を思い出さずにはいられない。地獄絵図。
夏休み最後の日に思い切り遊ぼうと思っていたのですが、家でおとなしく過ごしています。
息子よごめんね。
病院で診てもらったら溶連菌性咽頭炎でした。
これが噂の溶連菌か…。のどが痛くなるだけの病気かと思いきや、嘔吐が症状の場合もあるそうです。
知らなかった!
皆さんも気を付けて下さいね。
それでは良い8月の締めくくりを!

にほんブログ村