日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。3歳男&1歳女の2人の母さんやってます。

【1】専業主婦が初めて人間ドックに行った話。検査編

母が体を壊して、「主婦も人間ドッグが必要」という認識が高まりました。
母は専業主婦で人間ドッグを受けたことがありませんでした。
でも人間ドッグってハードル高いと思いませんか?
・料金が高い
・時間がかかる
・検査や結果の怖さ
などなど。
でもね、主婦が体壊すと本当に家庭が大変。
今、母の教訓から学んだことを活かすべき、ということで
初の人間ドッグ受けてきました。

人間ドッグで準備するもの

2日分の検便!!!!
問診票の記入くらいでしょうか。

ちなみに検便は冷暗所保存ということで、
ビニール袋を何枚か使って頑丈に冷蔵庫で保存。
夫に「冷蔵庫はやめてくれ」と懇願されました。
(うん、生理的に無理だね!)
真夏だったから不安で。(笑)

かかった費用や時間は?

料金は3万4000円ほど。
夫の会社からの補助ありのお値段です。(約6000円ほどの補助。)
なので補助なしだと4万越え…
フラっといける値段ではないですね。
乳がんや子宮がんの検査がプラスなので男性より高いです。

時間は8時から2時までの約6時間。
夫に子どもを見てもらいました。

レッツ検査!怖いのは胃カメラ

夫から胃カメラは麻酔で眠った状態でしてもらった方がいい」
とのアドバイスを受けていました。
麻酔すると、不快感はないけど検査後1時間は眠った状態とのこと。

人間ドッグ終了後、1人時間を満喫しようと思っていた私。
1時間のロスは勿体ない…ということで麻酔なしで検査受けました。

結果、思っているよりは大丈夫。出産に比べれば。
まぁ、気持ち悪いよ、うん。どこまで私の体内いくの、やめて…と
自分の消化器官を見ながら叫んでました。(脳内で)
でも最後に「胃カメラ飲むの上手」と先生に謎の褒められ方をしました。
コツは胃カメラに対して抗わないことかな。
されるがままに。(アドバイスになっていない)
ちなみに大腸検査は40代からということで見送ってます。
胃カメラより恐ろしい…。お尻からなんてそんな。。。

一番気になっていた乳がん検査

認知度が広まった乳がん検査。
多くの人が検査に来ていてかなり待ち時間がありました。
(読書タイムに充てられたからラッキー)
初めてのマンモグラフイ検査にはびっくり。
授乳終了してげっそり痩せたおっぱいをどうにかこうにかして
機械で挟んで頂きました。
機械がすごい力で挟んできやがる!!!
あんなにつぶれたおっぱいは初めて見ました。

結果は…

後日郵送される検査結果。
約2週間後に送付されました。
健康にはなぜか自身があったワタクシ。
しかしここで異常が発見されるわけです。
次回に続く…

人間ドッグ中に読んだ1冊

わたしの宝石

わたしの宝石

昭和レトロな舞台。
さみしさが人の首にマフラーのように見える少女のお話を始め
6話収録。
ノスタルジックな雰囲気満載です。
朱川湊人の中では割とライトな印象で、待ち時時間にピッタリでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村