日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。3歳男&1歳女の2人の母さんやってます。

自分時間がない産後に本を読んだら自分時間ができた話

産後の自分時間問題

子育て中ってどうしても自分の時間が確保するのが難しい。

子どもが小さいとなおのこと手がかかる。自分の子供は本当に可愛い!
可愛いんだけどたまに1人にして~っていう時もある。可愛いんだけどね。
f:id:imokosandesu:20170726130305j:plain


子どもを出産して3か月頃、外出するのもままならない状況。
授乳・オムツとか考えるとフラッと出るのが億劫になるし、とにかく準備するのが大変!
でも自分1人の時間が欲しい…。でも難しい。夫も仕事があるし。


そんな時ずっと読みかけのまま置いてあった1冊の小説を読んでみた。



f:id:imokosandesu:20170726130020j:plain


お、おもしれぇぇぇ!!!!





慣れない育児でぐったりしていた私に新たな風が吹いたよう。
こんな世界もあるのね!と読書にのめりこんでいきました。


(でも何の本、どんな本だったか覚えていない…。バカー!!!
産後の記憶ってあやふやになりませんか?私だけ?)


子育て中の読書のメリット

  • 音がしないのでお昼寝中の子どもを起こす心配がない
  • 家の中でできる
  • 自分1人の世界に浸れる
  • 子どもの泣き声で中断されても、すぐ対応できる
  • 1冊読み切るごとに達成感を感じられる

―親が本を読んでいる姿を見て子どもも本に興味が湧く

―本を開けばどこにでも行ける(子育て中の旅行はハードルが高いので旅行欲を紛らわせる笑)

などなど…


個人的には1冊読み切るごとに達成感を感じられる点はすごく嬉しい。

家事・育児って毎日ずっーと続くから、なかなか達成感を得るのが難しい。

1冊読み切るごとに
「読み切った!」と思えることは地味に嬉しく、生活にもハリがうまれる。

また面白い本を読むための時間を作ろうと効率よく家事・育児もできる!


こう考えると…
私にとって読書はなくてはならない存在になっています。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村